FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母のお葬式

先週、主人の祖母が往生いたしました。
大正元年生まれ、享年104歳。
年齢を言うと、大抵の方は「おめでたいというか…」とおっしゃられます。

しかし義父は、「かあちゃん、ばあちゃん、という事がもう出来ないということは、やはりさみしい・・・」と申します。
9歳の長男は、「(仏さまになって)おめでたいけど、かなしい」と言いました。
10年以上祖母を介護して下さった叔母は、祖母の遺体を丁寧に時間をかけて身支度されておりました。
残された人間には、さまざまな思いがあります。

浄土真宗は『往生即成仏』のみ教えです。
亡くなった方は即、仏となられ『ナモアミダブツ』とすでに私にはたらきかけて下さっております。
しかしそうとは申しましても、親しい人の遺体を前に「それはもういらん」とは到底言えません。感情が、そうは言わせてくれません。

祖母の遺体に触れ、「冷たい・・・」とつぶやく長男。
〝物言わぬ 遺体が真実(ほんと)の 言葉を語る〟
遺体を棺へ・・・納棺に立ち会えた子どもたちのまなざしは、真剣です。

通夜、翌日の葬儀を終え火葬場へ。スイッチ一つで1時間40分、遺体は灰になりました。東京では40分程だそうです。形の残った遺骨は骨壺へ・・・「残った灰はどうするの?ゴミなの?」と長男の問いかけです。

人が死ぬとはどういうことか。
遺体が納棺され、灰になり、骨壺に納まり、自宅に戻るまで。どんな言葉よりも授業よりも、一番確かないのちの授業を祖母が示して下さいました。

「他人ごとではないぞ。おまえもこうして死んでゆくんだぞ、南無阿弥陀仏の人生を歩んでくれよとばあちゃんが教えてくれている」と義父はあいさつで申しました。

様々なご事情で葬儀のできない方もいらっしゃいます。しかし、ただ迷惑をかけたくない・必要ないと言う理由だけで葬儀を簡略化してしまうならば、それは残された人間に大切な機会を失わせてしまっているのではないでしょうか。

浄土真宗の通夜・葬儀は、生前の功績を讃えるものでもなく、死を悼むのでもなく、今ここにいる“私”のためにあります。

20150410.jpg
…大鍋で炊いて下さる御煮しめ、絶品です

20150410 (3)
…昔、葬式には必ずこしらえていたという“ガネ=芋のてんぷら”



スポンサーサイト

法話会~義本弘導師~

全国各地でご活躍されております義本先生から有り難いご法話を賜りました。
次回も2015年3月2日(月)14:00~ご予定くださいました。
ありがとうございました。
20141205.jpg


ご報告

皆様新しい年をどのように迎えられましたでしょうか。

布教所での元旦会(ガンタンエ)は午前8時~おつとめでした。
強い風の中をご家族さまでの御参拝、誠に有り難うございましたm(__)m

新年と申しましても…手さぐり・綱渡りの状態は変わらず(*^_^*)今出来ることをやっていきたいと思います。


さて、昨年11月26日の御影(ごえい)贈呈式の様子が築地新報1月号に掲載されました。

大変有り難く厚く御礼申し上げますm(__)m

shinpou201401.jpg


東日本大震災3回忌追悼法要

早いもので、東日本大震災が発生して2年経ちました。

あの時の体験や、TVの映像は、今でも心や目に焼き付いておりますが、

直接的な目に見える形での災害の影響を受けていない私は、

思い出すことも減り、当時の衝撃が徐々に薄れていっていることも事実です。

浄土真宗のみ教えは、このような人間の心に鋭く向けられたみ教えです。

20130311higashinihonndaishinnsai3kaikituitouhouyou.jpg


法要を取り行う意味とは、
亡くなられた方の死を、私たちひとり一人が決して無駄にしないということを
再び思い返させていくただくことにあります。

震災・原発事故という大きな出来事が、
私たちのいのちのつながりに気づかせていただくきっかけとなり、
自分自身の存在を根本的に見つめなおすことにつながります。

今回の東日本大震災追悼法要をご縁に、
今一度、亡くなられた方々や生き残った方、
避難を強いられている方々の御苦労を偲ばせていただき、
ともに生かされていることを感謝させていただきましょう。
  
合掌

春江布教所 友岡晃二

出会い

人の縁とはふしぎなもの…

よく聞くフレーズですが、
今日はしみじみと、その言葉を味わった日でした。

お寺をしなければ出会うこともなかったであろうお方。
住職からは何度か聞いたお名前でしたが、本日初めてお目にかかった60代の女性です。

お話を伺っていくと、

同じ時期、同じ土地(ご近所といえるほどの)に住んでいたことがわかりました。

私が生まれた年と同じ年にMさんもお子さんを出産され、
そして、そのあかちゃんは生後15日で亡くなったそうです。

“もしかして(あなたの)おかあさんとお話してたかもしれないね。”
Mさんはおっしゃいました。


わたしはいま、36歳です。
亡くなった赤ちゃんも、
生きていたら同じ、36歳です…


わたしは胸がいっぱいになってしまい、
言葉がつなげませんでした。

出会いのふしぎと、自分が生きているという重み。

ずっしりと感じた
今日でした。





プロフィール

ⅿ-jyoo

Author:ⅿ-jyoo
浄土真宗本願寺派 江戸川布教所妙蓮寺 坊守・本願寺派僧侶・ふたりの男の子の母です。
奇数月発行の寺報【妙蓮寺だより】の小さなコラムを担当してます。〔坊守のひとりごと~こどもと私〕どうぞご覧ください。
国家資格である〈あん摩マッサージ指圧師〉を生業とし20年近くになりました。
2016年、江戸川保健所の許可を得て治療院を開設、HPただ今準備中です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。