FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なみだ石

“隠れキリシタン”のことは教科書で勉強しますが、
浄土真宗にも“かくれ門徒(念仏)”という歴史があります。

鹿児島藩が浄土真宗を禁止したのは、室町時代末期~明治9年までの300余年間。       

真宗禁止政策は、お隣の熊本県(相良藩)・宮崎県(旧薩摩藩領)でも行われていたそうです。

       namidaishi01.jpg

鹿児島の本願寺別院境内には、「涙石」が置かれています。

     namidaishi04.jpg


浄土真宗のご本尊は“阿弥陀如来(阿弥陀仏)”というほとけさまです。


このほとけさま、
私たちには見ることも触ることもできないほとけさまですが、
私たちにもわかるように、名となり声(言葉)のほとけさまとなって下さいました。

『となりのトトロ』での1場面…
めいちゃんが池で溺れてませんようにとおばあちゃんが「なんまんだぶなんまんだぶ」手を合わせてました。

または1昔前、TVの『まんが日本昔話』では困ったときの神頼み、
手を合わせて「なんまんだ~ なんまんだ~」という場面を覚えてる方も多いのではないでしょうか?

『なんまんだ~』=『南無阿弥陀仏(なもあみだぶつ)』という『声・言葉の仏さま(お名号・お念仏)』です。


『…この言葉にどのようなはたらきがあるかというと、
この娑婆(しゃば)の縁のある限り、どんなことがあっても
お前を見捨てないよと、認めてくださった。
南無阿弥陀仏は無条件で私をみとめてくださる言葉です。
「本当」とは条件をつけないということです。
救いとはわたしに場所を与えてくださるということです。
…南無阿弥陀仏は私を名指しして喚んでくださっている言葉であります。

…南無阿弥陀仏はこの世の縁が終われば、それもどんな終わり方をしようとも、そのままで帰っておいでと、
帰っていくことのできる人生を歩ませていただく、
これが、生死を支える教法「南無阿弥陀仏」によって生きるということであり、
念仏申す身にしていただくということです。
                               …(豊島學由先生)』


 

鹿児島の涙石…

『…念仏(南無阿弥陀仏)を捨てたら許してやる。捨てなければ裁かれてゆかねばならぬ中、

 「お役人さま、それは無理でございます。私は称えるつもりで称えたのではございません。
 出てくださったのですから。
 私が作り出したのなら止めることができます。
 私の意思で称えるのであれば取りやめることができますけれど、
 仏さまがこの私を動かして出てくださるのが念仏です。
 お裁きをされるのなら阿弥陀さまを手打ちにしてください」と。
 
…涙石を抱いて涙をこぼしながら念仏を称えながら命を失ったというその一つの証が涙石ではありませんか。
                                         
                                       …(藤澤量正先生)』


捨てる捨てない、止める止めない、の話ではないお念仏の歴史があります。
スポンサーサイト
プロフィール

ⅿ-jyoo

Author:ⅿ-jyoo
浄土真宗本願寺派 江戸川布教所妙蓮寺 坊守・本願寺派僧侶・ふたりの男の子の母です。
奇数月発行の寺報【妙蓮寺だより】の小さなコラムを担当してます。〔坊守のひとりごと~こどもと私〕どうぞご覧ください。
国家資格である〈あん摩マッサージ指圧師〉を生業とし20年近くになりました。
2016年、江戸川保健所の許可を得て治療院を開設、HPただ今準備中です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。