FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻からビービーダン☆

昼下がり…
「クシュン!!!」とくしゃみ。
 同時に両穴から鼻水大量噴射☆
 …そしてコロンコロン、と転がったのはビービーダンでした。

今朝、鼻を触りながら「取って」とアピールしていたのはこのことだったとは思いもせず☆

以前鼻から腐ったピ-ナッツが出てきた話を聞いたこと、
思い出しました。

あゝかぜをひいていて良かった。

もちろん次男坊のはなしです。


11.25鼻からビービーダン
スポンサーサイト

福間義朝先生

30名ほどお集まり下さった本堂の中で、

まず若手の僧侶の方3名が15分づつご法話(仏様のお話)されました。

最後に45分間、
前出の僧侶の方々のご法話をさらに掘り下げわかりやすく、
広島県教専寺ご住職、福間義朝先生がご法話下さいました。

2012.11.24福間義朝先生


ご法話を聞かせていただくことを、
浄土真宗では“ご聴聞(ちょうもん)”といいます。


「聴」まっすぐに耳を向けて聞き取ること。
「聞」へだたりをこえてきこえること。

ありがたいですm(__)m


福間先生

かりんはちみつ漬け

かりんの季節ですね。
いい匂い…(*^_^*)鼻で季節を感じるっていいなぁと思います。

“かりんは気管支を丈夫にしてかぜや熱、せき、疲れには梅よりも効果があります。”
          (薬草の自然療法:東城百合子著)

鮮やかな黄色い実で、洋ナシのような柔らかい姿…
しかし包丁を当てるとその固さにビックリ\(◎o◎)/!
初めて切った時には、木材のようだと思いました。

漬けるならお酒!だったのですが、
今では子供も飲めるようにはちみつに漬けてます(^^)
かりんはちみつ漬け

以前は長男はこの時期かぜをひくとせきが出やすかったので、毎年常備してました。
(せきのひどい時はレンコンが効きましたよ♪)

漬けてから2~3か月は寝かせた方が良いそうです(^^)v



築地本願寺本堂修復完成

築地本願寺は
 日比谷線築地駅築地本願寺口改札を地上に上がるとすぐ目の前です。
  
 1616(元和3)年、
 京都西本願寺の別院として浅草近くの横山町に建立された寺院ですが、
 1657(明暦3)年の大火事で焼失、
 
 当時の幕府に再建を許されず、
 かわりに与えられたのはなんと八丁堀の海!だそうです。
 
 そこで当時の佃島の御門徒(他宗さんでは檀家と呼びますが、浄土真宗では門徒といいます。)が中心となり、
 海を埋め立て、1679(延宝7)年に再建されたそうです。

 現在築地本願寺が建てられているところは、350年ほど前は海だったんですね…
 再建までに24年、
 当時の御門徒さんの信心の深さ強さに感慨無量の思いをいだきます…
 
 その後、
 関東大震災で崩壊した本堂の再建は、
 
 建築家:伊藤忠太氏(1871:慶応3年~1954:昭和29年)の設計により、
 昭和9年、
 現在の“インド様式仏教寺院”の姿となったそうです。 
 
 2011(平成23)年、
 本堂と周囲の大谷右積塀が、国の登録有形文化財に登録されました。
         (参考:築地本願寺ホームペ-ジ、東京人12月号)   
 
 …外観は“印度仏教式”

2012 築地報恩講003

 …本堂は正式な“浄土真宗寺院”です。        
2012 築地報恩講002
    (11月16日報恩講のときの写真です。)

2012 築地報恩講


築78年を迎えた本堂棟(本堂内陣各部の建築意匠&宮殿須弥壇等の佛具)の修理工事は、
2011年3月1日~約1年半を費やして行われました。

築地報恩講 002


築地報恩講05

築地報恩講06

築地報恩講07

築地報恩講08


築地報恩講09


築地報恩講10

「…昭和初期に近代建築に挑戦した明治の技術で鍛えられた職人たち、
そして彼らの末裔になる現代の職人たちが、
80年の時を経て競合できたことに仕事の醍醐味を感じる。」
                     (東京人 12月号より)

築地本願寺 報恩講 (11月11日~16日)

青空の透明なかんじは、視覚からも寒い季節を確認できます(*^_^*)
うちの次男坊もお参りです。

弘紫 報恩講
 
さて、この日は築地本願寺の報恩講(ほうおんこう)最終日です。
  
浄土真宗の年中行事には、

お釈迦様にちなむ仏教各派に共通した行事のほか、
親鸞聖人(しんらんしょうにん)の誕生日やご命日の法要など、
浄土真宗特有のものもあります。

各法要ではおつとめ(読経等)のあとに御法話(仏様のお話)がおこなわれますので、
浄土真宗のおはなしを聞く大切なよい機会でもあります。


築地報恩講
         
そして…
 
そうした年中行事の中でももっとも大切な行事が報恩講です。

“報恩講”…“ご恩に報いる集まり”という意味で、

浄土真宗の宗祖親鸞聖人の没後、
門徒(もんと…浄土真宗信者)が聖人をしのんで毎月28日に開いたお念仏の集会が始まりだということです。

現在ではご命日(…新暦1月16日or旧暦11月28日)に、

その御生涯と御苦労とを偲びつつ、
聖人が命がけでお伝えくださったお念仏のお救いのみ教えを、
あらためて深く味あわせていただく法要となっています。

浄土真宗本願寺派本山西本願寺では
新暦の1月9日~16日に行われます。(御正忌報恩)

各寺院では10月~翌1月にかけておこなわれています。

     …参考資料[わが家の仏教・仏事としきたり浄土真宗 西原裕治監修]


当春江布教所では、
12月9日におこないますのでどうぞお気軽にお参りください。

今年の新味噌

8回目の手前味噌、あけました。
今年1月に仕込んだ味噌です。

家庭や地域によって仕込み方は様々あると思いますが、

わが家では、毎年1月下旬ごろ、一番寒い時期に仕込みます。

大豆を一晩水に浸し、翌日一日かけて軟らかく煮て一晩おきます。
翌々日に再び火をかけアツアツをつぶし仕込みます。

3日かけての作業です。

うちでは大鍋2つ分、大豆4キロを煮るので2回に分けて行ってます。
合わせて6日間の作業になります。

仕込んだ後は、
2~3回の天地返しのほかは出来上がりの11月まで手を加えません。

大豆と塩と麹菌と、
季節の気温や湿度の変化と…

さまざまな要素が10か月の間、働きかけあい助け合いながら、
ひとつの“お味噌”に育ってゆきその年その家の味わいになってゆきます。

仕込みの工程や材料は同じでも、毎年違った味になるところが面白いですネ。

↓こちらは麦みそ、
2012.11.11麦みそ


↓こちらは玄米味噌です。
2012.11.11玄米味噌


↓友人の白米味噌です♪ごちそうさまでした!
hちゃん白米味噌

↓こちらは別の友人の白米麹味噌です。やさしい甘み…おいしいかったです◎
uさん白米麹味噌



“諦”という漢字を使った、心に残る文章がありました。

“諦”
  …テイ、タイ、アキラ(める)。
   意味は「いろいろ観察をまとめて、真相をあきらかにする。」
   とか、「しかたがない、またはできないとして物事をやめる。おもいきる。」

  …仏教では、真理・さとりを意味する言葉だそうです。


“諦念”
  …①道理をわきまえるこころ。②あきらめの気持ち。


「仏教でいわれる真実とは科学者のいう如きものと異なり、
 “わかる真実”でも“知っている真実”でもなく、“生きる真実”である。」     
       (現代人と浄土真宗ー問いと答えー七問答ー:稲城選恵著)


本日の東京新聞朝刊【筆洗】も印象深い文章でした。



〈 てのなかにうつくしいていねんをにぎりしめて
  いきていこうとおもう。
  うつくしいていねんは
  しんじつそのものです。くるしみのなかで
  ひかりかがやいています〉

 美しい諦念を握り締めて生きる。この言葉を書いたのは15歳の少年だ。
 臼田輝(ひかる)君は1歳になる直前、都内のマンション5階から落ちた。
 動くことも、話すこともできなくなった。
 母の真左子さんは「心も身体も毀(こわ)れてしまった」と思った。
 
 数年たって、彼の目が輝く瞬間があることに気づいた。
 鏡を覗き込むように瞳を見つめなければ、気づかない光だ。
 13歳で指先の微細な動きでひらがなを表示する装置に出合い、
 光は言葉となった。

 〈 へいわがくればいい
   うちゅうがえいえんにじかんのあるかぎり
   いつのひか ちいさないのちがうまれて
   そだっていくように 〉 

 その言葉に、みんなが驚いた。
 真左子さんはいう。
 「やっと命をつないで生きている子どもたちは、
  喜びと悲しみは隣り合わせだと知っている。
  輝もすべてを受け入れていたのでしょう。」  
  
 〈 てのなかにあるしんじつは さいわいそのものです。
   のぞめばいつでもてにはいりますが
   だれもこのことはしりません。
   なぜならにんげんは 
   つねにらくなみちのほうをこのむからです。
   いきるということは
   くなんとなかよくしてゆくことなのです。 〉

 輝君は16歳で天に召された。

     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 “天に召される”という言葉は、仏教では申しませんが…

 
 行動できる範囲も情報も限られた中での、
 16年という生涯は、
 常識で考えれば“短い”“かわいそう”となるのでしょうし、
 
 輝君のご両親のお気持ちを考えると、
 …たぶんご自分を責め、周囲の方からも様々な態度や言葉をかけられたり、
  ということもあったのかもしれないですし、…

 軽はずみなことは言えないのですが、
  
 
 長く生きても健康でも、有名になってもどんなにお金を稼いでも言うことができないような、
 
 たいせつなことを伝えてくれている気がしました。

 
 
  
   
プロフィール

ⅿ-jyoo

Author:ⅿ-jyoo
浄土真宗本願寺派 江戸川布教所妙蓮寺 坊守・本願寺派僧侶・ふたりの男の子の母です。
奇数月発行の寺報【妙蓮寺だより】の小さなコラムを担当してます。〔坊守のひとりごと~こどもと私〕どうぞご覧ください。
国家資格である〈あん摩マッサージ指圧師〉を生業とし20年近くになりました。
2016年、江戸川保健所の許可を得て治療院を開設、HPただ今準備中です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。