FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お味噌③日目(潰す~仕込む)

◇3日目◇
もう1度火にかけます。…写真は大豆が煮汁から出過ぎてますね☆こんな時は、水を足します。
③火にかける

大豆を潰す道具。
③つぶす
私はポリ袋に入れてつぶしてます。…以前トライのすり鉢は大変でした☆

まずよく手を洗います。私は石けんは使わず、ぬるま湯で洗ってます。

熱湯消毒したざるで、大豆が熱いうちに袋に移していきます。
③つぶす (2)
すくって持ち上げるとツーッと煮汁が垂れます。
“垂れ”が一瞬途切れるタイミングで、袋に入れます。
煮汁の切り方でお味噌の固さが決まります。
煮汁は後で足してもOKです。

③つぶす (6)
つぶします♪
すり鉢の場合は、練らないように、搗く感じがいいそうです。
③冷ます
このまま冷まします。ひと肌くらいまで…外に出すと早く冷めます。


…待つ間に、まず容器と重石の熱湯消毒。水分は良くかわかし、良く拭き取ります。

そして、麹の準備。
③麦麹
これは麦麹1㎏×2袋→2㎏。大豆1㎏に対し、麹1㎏です。
そして塩。
③塩
大豆1㎏に塩450gです。写真は左右合わせて900g。
最後にかぶせる分10%を取り分けます。(450g→45g、900g→90g)
左→90g、右→810g、です。

③こうじ
麹と塩を混ぜます。麹のいい香りについお米を食べたくなってきます…
③こうじ (2)
ぎゅっと握って、
③こうじ (3)
開く。
かたまりがあったら1粒1粒になるように両手をすり合わせ、よくほぐします。(塩切り麹)


数十分後…
ひと肌に冷めた大豆ミンチちゃん。きれいに洗って熱湯消毒した鍋にあけます。
③まぜる

塩切りした麹を混ぜます。
容器の大きさによっては数回に分けると混ぜやすいです。
③まぜる (2)
下の方もよく混ぜて…
③まぜる (3)


さあ仕込みます!
③仕込む (3)
丸めて、
③仕込む
空気を抜きます。ハンバーグを作る時のようにポンポンと。
③仕込む (2)
大人はソフトボールくらいの大きさに。

容器に目がけて、投げ入れます!…空気が入らないようにするためです◎
これが、楽しい~♪
③仕込む (4)
母たちの楽しい雰囲気に、子どもたちが集まってきました♪♪♪
③仕込む (5)

最後の玉を投げ入れたら、平らにぎゅっぎゅっ、ならします。
③仕込む (6)

取り分けていた塩をまぶします。
③仕込む (7)

隅っこは空気に触れる確率が高い気がして、気持ち多めに塩をふってます。
③仕込む (8)

ラップをして、重石をのせます。…これは2.2㎏。
③仕込む (9)

上にもう一つ、1.5㎏…合計3.7㎏
③仕込む (10)
重石…大豆1㎏→重石約2㎏。大豆4㎏→重石約4㎏。
重石のかわりに、ポリ袋に塩を詰めて使う方法もあるそうです。

③仕込む (11)
蓋をして、
③仕込む (12)
ほこりが入らないように紙で蓋。これはこどもと仕込んだ麦みそ。

ママさんたちに仕込んでもらった“玄米みそ”には、全員名前をサインしてみました~♪♪

おうちでの味噌作りも、楽しんでくださいね!
11月の味くらべ楽しみにしてます~!!




【仕込んだ後】
4月までは絶対開けない。
その後、4.6.8月と天地返しするレシピもあれば、11月出来上がりまで開けない人も。

私はカビチェック&“たまり”の流れを変えるという意味で、1回は必ずやってます。

白かびは軽く取って残りは混ぜ込んでOKだそうです。

赤や青カビはきれいに取ります。
…このカビの場合は、表面を平らにした後、再度塩をふるというレシピもあります。
重石なども洗って熱湯消毒し水気を除いて下さい。



【煮汁】
蓋つきのバケツに屋外におき、春まで腐敗させます。3~5倍に薄めて野菜などの肥料に使えます。
















スポンサーサイト

お味噌②日目

◇2日目(煮る)◇
翌朝…
②2日目朝
ふっくらかわいい…♪
②2日目朝 (2)


ゆでる
火にかけます。
はじめは強めの中火で…火加減

沸いたら弱めて焦がさないように…     ゆでる (2)

②あく取
あくを取りながら。

②差し水
大豆が水から出ないように、水を足します。
火も強めたり、弱めたり、加減しながらゆでます。

大豆1㎏だと5時間くらい?
2㎏だと10時間くらいかかります。(もちろん途中火を止めてもOK)

②ゆで加減
親指と小指で軽くつまんで,
②ゆで加減 (2)
簡単に潰れるくらい柔らかくなるまで煮ます。→“トコトン柔らかく”がお味噌失敗しないポイントです!

②ゆであがり
このまま一晩休ませます(釜止め)。

(明日いよいよ仕込みです♪)

お味噌①日目

お味噌を仕込む季節到来◎

ふたりのママさんが、お味噌づくりやりたい!とのことで、仕込みに参加して下さいました!
ありがとう~(^^)/

以前は「ミソ作るの?!なんか大変そう☆」という反応が多かったけど、
「わたしもお味噌つくりたい!」の声も増えてきている気がして、
うれしいです。

【おみそ仕込み3日間の手順】
◇1日目(大豆を浸す)◇
大豆
…1袋1kgです。写真は2kg。

洗う
鍋に大豆と水を入れ、
洗う (2)
やさしくぐるぐる…水が濁り、細かいゴミがでてきます。
水を変えながら数回洗います。
 
浸す
大豆は2.5~3倍に膨らむので、
たっぷりの水で1昼夜~1晩戻します。大豆が水から出ないように◎

(明日に続く…)

第3回 お灸の会

ここ数日、春の空気を感じるようになったけど気のせいかな…?
と思いながらいつものお花屋さんに…
やはりそう思っていたと聞き、そんな事が妙にうれしかったです。

次男にお花の春をプレゼントして下さいました↓
haru.jpg
お花屋さんは、花の匂いで花を選ぶこともあるそうで、
というのも、
新鮮な切り花は、匂いも強いそうです。



さて、24日の“第3回お灸の会”では、
そんな春の訪れとともにチラホラ話題に上ってくる“花粉症”を取り上げました。


今回3名の方にご参加いただき、1名の方が花粉症とのこと。

体の冷えは、交感神経の働き↑副交感神経の働き↓胃腸の働き↓耳鼻咽喉の異常(症状)↑
にする、ともいいます。

花粉症の症状を軽くするには、
日々の生活の中で冷え取りも大切です◎できることもありそうですね。


住職からは、出てしまった症状を軽くする“ツボ”の説明がありました。
2014124oku.jpg


【ご感想】
・3回目の参加です!皆勤賞!今日も楽しく為になるお話と体験ありがとうございました。
・2回目の参加です。子供にもききそうなツボも知れて勉強になりました。ありがとうございました。
・初めての参加です。とても気持ちが良かったです。お灸体験は初めてでしたが楽しくまた参加したいです。



ご参加ありがとうございました♪
初めての方もどうぞお気軽にお問い合わせ&ご参加下さい◎

*参加費100円です。



きんかん甘露煮

鹿児島の(九州の?)、冬に実るきんかんを甘く煮て作る保存食です。
次男以外はみんな大好き(^^)v
ほんのり苦味が◎
シロップをお湯やお水で薄めて飲む、きんかんジュースもおいしいです。

kinnkann.jpg

お正月のおせち料理の1品としても並びますが、
昨年末は金柑が手に入らず1月の作業となりました☆

最近は、以前新聞に投稿されていた読者の方のレシピが家族に好評なで、それを参考に作ってます。
1日目。まず水洗い。
kinnkann (2)

破裂防止の空気穴。
鹿児島の母はナイフで切り込みをいれてました(種を取るならこちらがおすすめ)。
私は種も好きなので簡単に…フォークで4箇所ブスブス刺します。いい香り~♪
kinkan(4).jpg

一晩水にさらします。
kinkan(5).jpg

2日目。
さらしたお水は捨て、新しいお水を沸騰させたところに投入。
再び煮立ってから中火(鍋底に火の先端があたるくらい)にして5分茹でます。
→茹でこぼします(お湯を捨てます…このお湯を捨てずにお風呂に入れると温まりますよ♪肌の弱い方は注意★)。
kinkan(6).jpg

水、砂糖、米酢、を入れ煮立たせます。
(…レシピだと、きんかん1kg:砂糖500g:米酢180ml。今回は、きんかん2.5㎏:砂糖1.2㎏:米酢720ml)
kinkannijiru.jpg

きんかんを入れ、
kinkan(7).jpg
再びぶくぶく煮立ったら中火にし7分煮ます。
そのまま1晩…

3日目。
沸騰したら中火にして7分煮ます。また1晩…
kinkan(8).jpg

4日目。だいぶ液がトロッとしてます。
火にかけるのはこれで最後。
沸騰したら中火にし7分煮ます。
kinkan(9).jpg
そのまま冷えるのを待ち、煮沸した容器などに保存します。

わが家では常温に置いてますが、気になる方は冷蔵庫に保存して下さい。




写経の会 午前の部はじめました。

実は意外だったのですが、
同世代のママさん方の“やってみたいんだけど…”の声が多かった『写経の会』。

子どもが学校に行っている間の気分転換(*^_^*)ということで、
午前の部をもうけました。

月2回… ①午前10時~11時半 ②14時~15時半
     1日だけでも両日でも間が空いてもokです◎初参加も随時歓迎です◎


【お知らせ】
1月より内容に変更があります。

昨年まではテキスト購入し直接写経していただいてましたが
テキストのコピーをお配りすることにしました。

始めのテキストはこちら↓
讃仏偈(さんぶつげ)”と“重誓偈(じゅうせいげ)”というお経の写経用テキストです。
tekisuto.jpg

讃仏偈からスタート。
tekisuto (2)

讃仏偈は見開き10ページです。
各回コピーを3、4ページ×2部お配りして、3回来ていただくコースです。


重誓偈、正信偈、と続けていただけます。

tekisuto (3)

tekisuto (4)

お経によって、各ページの文字数が異なりますが、だいたい各1回見開きで1.5~4ページ×2部お配りします。

重誓偈…全3回、正信偈…全15回
のコースです。
(回数は変更になる場合がありますので、ご了承ください。)

はじめに合掌礼拝から。
syakyoogozen.jpg

その後40分程…写経の時間…
syakyoogozen (2)

お経を書いて味わった後は読経です。声に出して、味あわせていただきましょう。

姿勢よく腹から声を出すと、気持ち良いです。


【本日のご感想】
・写経はゆったりとした気持ちになれて、良かったです。初めてでしたが、楽しく入れて、良い体験ができました。

・初めての写経は久しぶりに気持ちが無になれてとてもよかったです。

・写経が何かも知らずに参加してしまいましたが、写経を体験できてよかったです。是非また参加させていただきたいです。

・初めて参加させていただきました。久しぶりに落ち着いて集中できた気がします。ありがとうございました。


…月1回、慌ただしい日常を離れた時間を味わっていただけたらと思っております。
 興味のある方、お気軽においでください♪


*参加費は1回100円(コピー、お茶代等)です。
 お念珠(お数珠)お持ちの方はご用意ください。
 …筆ペン、お念珠はお貸しできます。

鹿児島発

先月鹿児島から届いた柑橘です。

文旦?グレープフルーツ?
それにしては丸くなく、洋ナシ型で。

なにより大きい…
kagoshimanomi.jpg

皮は文旦のように厚いです。
たんかんって言う名前の柑橘もあったと思うけど、それとは違うのかな…
kagoshimanomi (3)
果肉の色がいいです。
淡いサーモンピンクのグラデーション。
酸っぱくなく、梨のようなザクロのような味でした。


こちらは長男坊のリクエストで撮影☆
kagoshimanomi (2)
長男の好きなシロクマ君…汚れて今や、はいいろクマ君…

“いただきます”“ごちそうさま”

先日、数家族でお友達のお家のランチに招かれました。
ひとに作っていただくごはんってありがたいです…
しかし美味しいごはんもソコソコに、すぐ遊びたいのがこども達。

食事の後に“ごちそうさま”が言えなかった〇〇君、
お母さんに「〇〇、k君ママにごちそうさまっていいなさい。」と叱られました。
その後ちゃんとごあいさつ出来た〇〇君、えらい。

しかしその脇で、私は別のことを考えました…
ごちそうさまは作ってくれた人に言うのかな…?

gatusyo.jpg


確かに私も子供のころ、そう教わったような覚えもあります…が、
今はその考え方ちょっとさみしいなと思います。

浄土真宗では食事の前に
『(合掌)多くのいのちと、みなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました。
深くご恩を喜び、ありがたくいただきます。』

食後には、
『(合掌)尊いおめぐみをおいしくいただき、ますます御恩報謝につとめます。
おかげでごちそうさまでした。』
と言います。

今この食事、この場所この時すべてが、ご縁というほとけ様からのいただきものです。

料理する人はもちろん、農家や漁師の方、運搬する方、市場の方、野菜、豚、鳥、魚、雨、海、山、土などなど…過去からつながる見えないすべての関わりに思い巡らし、
感謝の気持ちを感じることのできる貴重な時間です。

そして、
“手を合わせる=合掌する”ということは
“自分を見つめ他人への思いを巡らす”“感謝の気持ちを表現する”という意味があり、

“胸の前でそっと手を合わせる”という合掌のかたちは、
“相手に危害を加えることを放棄した姿”であるそうです。


他のいのちを食べなければ生きてゆけない、
しかしそのことすら忘れてしまう私が、
反面、
食べることで限りないつながりを思い出す機会を与えていただいているんだということに気づかされるという、
大切な時間です。

“いただきます”“ごちそうさま”は何に対して言ってますか?

ご褒美

食事はお米、パンは特別!と決めているわが家では、

パンはごちそう!(^^)!

子どもががんばった時のご褒美おやつとして最近大喜びの、
プルーブのおやつパン(*^_^*)

トトロパン
次男が大好き♪
トトロのおなかにはカスタードクリーム。

まっくろくろすけパン
あにきにはチョコレートクリーム。

プルーブパン (1)
カメさんはシンプルにクリームなし…らしい(長男談)

プルーブパン (2)
これはお父さんのおやつパン、カスタードクリームです♪

プルーブのカスタードクリームは、
優しい甘さで家族4人のお気に入りです◎

あけましておめでとうございます

新しい年の始まりです。

こどもたちも大晦日は夜更かししましたが、
ちゃんと起きてお勤めできました。

ささやかですがありがたい時間です…

2013ganntanne.jpg


プロフィール

ⅿ-jyoo

Author:ⅿ-jyoo
浄土真宗本願寺派 江戸川布教所妙蓮寺 坊守・本願寺派僧侶・ふたりの男の子の母です。
奇数月発行の寺報【妙蓮寺だより】の小さなコラムを担当してます。〔坊守のひとりごと~こどもと私〕どうぞご覧ください。
国家資格である〈あん摩マッサージ指圧師〉を生業とし20年近くになりました。
2016年、江戸川保健所の許可を得て治療院を開設、HPただ今準備中です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。