FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除夜会(ジョヤエ)

除夜会とは?
仏さまの前で1年を振り返り、新しい年を迎える法要です。

大晦日17時~という時間。
普通は家のことやらで精いっぱいの時間だと思います。しかし時間をつくり、わざわざ足をお向け下さったということは大変尊く有り難いことですm(__)m
皆様方とのご縁…本年も有り難うございました。

20131231jyoyae.jpg


スポンサーサイト

迷子

9月からホームヘルパーの仕事を始めたので、街中を移動することが多くなりました。
おかげさまで(^^)いろんな事に遭遇します。

歩道脇にうつむいて腰かけていたおばあさん。
気になって近づくと足元に吐しゃ物が。声を掛けるとしっかりした受け答えです。
「病院の帰りににギョウザ一皿と、その後缶の抹茶を買ったら甘くてねぇ」と(^_^;)元気だ…
家も「そのセブンイレブンを曲がってすぐ」との事、仕事中だったので先を急ぎ失礼しました。
その後戻ってみると、おばあさんの姿はなく、吐いたものもきれいに片づけてありました。
80代、しっかりされた方でした。


数日後の夕方、大根1本の落し物。
私の隣を歩いていた中年男性も「おっ!」と声を。意外とビックリします(*^_^*)
拾って花壇のブロック上に置きましたが…


そして、交差点の迷子。
3歳くらいの子がふらふらと。「危ない!」と叫びましたが、親御さんはどこ?!いない(◎o◎)!
そしてこどもの横を通り過ぎてゆく大人たち。みんな振り向くだけ。
私も急いでいたので正直参ったなぁ(*_*)と思いつつ手をつなぎ。
…まったく人見知りしない子どもにまた驚き。

110番に連絡、おまわりさんに引き渡し。その後親御さんのもとへ戻りましたと連絡いただきました。

この話をすると、反応いろいろでおもしろいです。

私は、子どもを気にしつつ大人が何人も通り過ぎて行ったことが一番引っかかってます。
ギョウザのおばあさんの時もそうだったしなぁ…


お寺とクリスマス

秋から冬にかけてのこの季節…
様々な宗教に対する中立性を定められている公立の幼稚園・小学校で、宗教的な意味を持つハロウィンやクリスマスの会が行われているということ、
そこに宗教的な意味はない?とはいうものの、こどもにとってキリスト教という特定の宗教に触れる機会としては大きな入口になると思うのですが(+_+)

中立性を守るのなら、仏教に関する行事もして欲しい☆
イスラム教徒の食事を給食に出すとか。

いろんな宗教に触れる機会は大切だと思うのですが。本質は関係ないのかなぁ…?
本質を問うていけば「“いただきます”で合掌させるな」なんて言う人もいなくなるのではないのかな。

そんなことを考えてしまうクリスマス。
当然キリスト教徒の特別な日という意識はあります。
…が、「いい子にしてたら来てくれる」と大人がいうサンタさんが一人だけ来なかったらかわいそうだ、という思いもあります。

というわけでクリスマスはお祝いしたことはありませんが、サンタさんは毎年来てくれてました。
都合の良い矛盾ですね(+_+)

しかし布教所も2年目、長男も2年生…
「今年はサンタさん来ないかもよ。」と言ってみたところ、
「なんでそんなこと言うの!!!」と怒る泣く(^_^;)

軽率だったと反省☆
サンタさん、彼にとって大切な事だったのネ(+_+)
さて、どうしようか…

考えていたある日のこと。
「うちではクリスマスやらないよね。」と長男。
お、チャンス!!
「そうだよね。なんでかわかる?」
「わからない。」

「うちは浄土真宗っていう仏教を大事にしてるのはわかる?」
「うん、わかるよ。」

「クリスマスは、キリスト教っていう宗教を大事にしている人が大切にしている日なんだよ。」
「へぇ…」

「うちでは報恩講っていう大事な行事があるでしょ。」
「うん。」

「お祝いはしないけど、誰かが大切にしていることは大事にしようね。」
…これも都合の良いこじ付けですが(^_^;)


結局、サンタさんとクリスマスは繋がってなさそうな長男ですが☆
他国の文化を大切に考えるうえでも、宗教をごまかさず伝えてゆくことはとても大切だと感じます。









冬至

子どもたちに、忘れて欲しくない日本の行事、冬至。
ゆず湯、かぼちゃ小豆煮。

2013-12-22touji.jpg


そしてわが家はこの日に鶏1羽丸ごと焼きます。

1羽→1890円
安いのか高いのか…

「人間一人の値段はいくらなんだろうね。」
「人を食べるようになったら値段ないでしょ。ただだよ。」
「2、3日かけて解凍して塩すり込んで、2時間半かけて焼く。育てて絞めないんだからせめて手間かけて食べないとだめだよね。大事なこと忘れちゃう。」

こんなことを会話しながら「御馳走だね。おいしいね。」といただくわが家の冬至です。

2013-12touji.jpg
鶏の頸椎。

スイートポテト

中までしっかり焼けてたよ(^^)/ごちそうさまでした♪
2013-12-17.jpg

僕はなんて運が悪いんだろうって言葉、切なくなるね。
ラッキーだねとか、ついてなかったねって、他人は簡単に言えちゃう。
でも本人や家族にとっては一生のこと。気持ちは割り切れない…よね。なんで僕が!って誰かに言いたい。

なんでこうなっちゃったのって、無理に結論出さなくてもいいよって教えてくれるのが仏教のあたたかい所…いい悪いのない、今そのままが“ありがたい=有り難い”世界。
私が今ここに居てあなたが今ここに居ること、出来事ぜんぶ無関係じゃないよって。

苦しみでさえ自分の手のひらに握りしめて離さない私、でも手を開いて放してみるという視点の転換。
子どもの素直な言葉から、教えられたり気づかされたり。
今日は有り難う(^^)v







甘納豆

子どもの頃大嫌いだった“甘納豆”。
私の母がちょこちょこつまんでいた姿と今の自分の姿がダブります☆
母の好物。今では私の好物。

先日仕事中に、「あんたおっきいねぇ。」と。
80代の方にとって、160㎝超えたら大きい身長なのでしょうね。
「親のおかげですね。」何気なく答えましたが、以前だったら出ない言葉だったなぁと。

小さい頃から両親に、特に母に対してはずっとわだかまりがありました。
文字、言葉、態度、どんな手段を使っても決して気持ちが伝わらない、家族なのに。
友人に「ネガティブ思考」とラベルを貼られる根っこのひとつはここからきてるかなと^^;

両親に対するわだかまりはそのままですが、
電話の声が母そっくりだと言われる事も、甘納豆を好きになった自分も、丸ごとありがたいなと感じる今です。




映画 『ある精肉店のはなし』 纐纈あや監督

‘ポレポレ東中野’で上映中です!(^^)!
予定外、監督さんにお会いできました\(^o^)/口コミお願い、とのことなので応援宣伝。

☎ 03-3371-0088
WWW.mmjp.or.jp/pole2/

JR東中野駅西口改札 北側出口より徒歩1分
地下鉄大江戸線東中野駅 A1出口より徒歩1分


aruseinikutennohanashi.jpg                        

こちらはこの映画のプロデューサーであり写真家の本橋成一さんの写真絵本。
本橋さんもお見えでした!(^^)!
布教所本堂にも置いてます。見に読みにお越し下さい♪

uchihaseinikuten.jpg


映画を観て…
昭さんの言葉
「昔から殺すって言わない。鶏は絞める、豚や牛は割るって言ってきた。…いのちをいただくってこと。この仕事を大変だねって言われるけど、その肉を美味しいっていう人の方が不思議。」

殺すって使わないのは、死んでないよって、いのちがつながっていることを実感しているということかな…
昭さんが使ったいのちという言葉、寿命のいのちとは違う“いのち”だよね。

牛の肥育~屠畜、精肉、小売りまでというこの仕事に関わる人・物・出来事、関係性の豊かさ。
豊かだなぁって思いました。


プロフィール

ⅿ-jyoo

Author:ⅿ-jyoo
浄土真宗本願寺派 江戸川布教所妙蓮寺 坊守・本願寺派僧侶・ふたりの男の子の母です。
奇数月発行の寺報【妙蓮寺だより】の小さなコラムを担当してます。〔坊守のひとりごと~こどもと私〕どうぞご覧ください。
国家資格である〈あん摩マッサージ指圧師〉を生業とし20年近くになりました。
2016年、江戸川保健所の許可を得て治療院を開設、HPただ今準備中です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。