FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大恐竜展

先日、国立科学博物館『大恐竜展~ゴビ砂漠の驚異』に行きました。

恐竜展に何度行っても、バラバラに出てくる骨がひとつの個体になるように組み合わせできること、これが不思議でならない私。間違ったりしないのかな?

不思議に感じるところは人それぞれ…

恐竜の大量絶滅時代のコーナでは、隣にいた男の子(小1くらいかな?)がお母さんに尋ねていました。
「恐竜はなんで死んじゃったのかなぁ?」
「なんでだろうねぇ。不思議だねぇ…」とお母さん。


ふと、「生まれたら死ぬのは当然。では生きてるのは当たり前ですか」という問いを思い出しました。

〈不思議とは 今ここにいる私〉…好きな法語です。




スポンサーサイト

じゃがいもと都知事選

訪問介護のしごとで、買い物代行を頼まれることがあります。

このしごと、確認がとても大事。

例えば『じゃがいも』。

煮物は“メークイン”、ポテトサラダは“男爵”とお料理によって使い分ける人もいれば、
“メークイン”は苦手でジャガイモは絶対“男爵”の人も。
“どちらでもいい”という人もいます。
産地が気になる人もいますよね。
あと袋入りか1個でいいのか、とか。

子どもでも知ってる『じゃがいも』という固有名詞でさえ、アタマに浮かべる内容は様々。


『東京日本一』『福祉』『原発』etc…
この言葉に込めた内容を伝えるって、選挙戦、短いんじゃないかと思う★

節分&雪池(ユキチ)忌

本日節分。
昨年には「ぼくのオニは追い出してもすぐ戻ってくる。ダラダラ鬼とか…(+_+)」とぼやいていた長男。

今年は、と言うと
「オニはまた戻ってきちゃうんだよねぇ~(^◇^)」とあっけらかんとしてます。(開き直りか?)
「お母さんのオニも?」と同意を求める(?)長男。
「オニはお母さん自身だよ。だから追い出せない。」とわたし。

ところで…さかのぼること明治34年のこの日、ご往生されたのが福沢諭吉さん。
『雪池忌』と呼ばれているそうです。

この方、迷信・俗信・日の良し悪しを嫌っていたそうですので、節分の豆まきもしなかったのかな?

「独立自尊」
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」

有名なこの言葉…深い仏教精神に根差したものだったようです。

≪…福沢諭吉翁は晩年は夜中でも御念仏していたといわれ、彼の歴史上最も尊敬する人は親鸞聖人と蓮如上人であり特に、蓮如上人の『御文章』は生涯の愛読書といわれています。…≫

〈念仏者としての福沢諭吉:重松明久氏著 … 序文:久掘勝敏師  あとがき:稲城選恵師〉


hon (2)





プロフィール

ⅿ-jyoo

Author:ⅿ-jyoo
浄土真宗本願寺派 江戸川布教所妙蓮寺 坊守・本願寺派僧侶・ふたりの男の子の母です。
奇数月発行の寺報【妙蓮寺だより】の小さなコラムを担当してます。〔坊守のひとりごと~こどもと私〕どうぞご覧ください。
国家資格である〈あん摩マッサージ指圧師〉を生業とし20年近くになりました。
2016年、江戸川保健所の許可を得て治療院を開設、HPただ今準備中です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。