FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仏壇 ~樒(しきみ)の花~

お仏壇のご本尊(阿弥陀如来)さまの前には「上卓(うわじょく)」があります。
この「上卓」に置く仏具“華瓶(けびょう)1対・火舎(かしゃ)・蠟燭(ろうそく)”をあわせて「四具足(しぐそく)」といいます。
201507uwajyoku.jpg

“華瓶(けびょう)”には樒(しきみ)をお供えします。

樒は香木だそうで、たしかにとてもいい匂いです。
水を腐らせない殺菌作用があるとも。

お供えしきれなかった樒を窓際に置いていたところ、花が咲きました。
匂いにぴったりの清々しい姿です。
20150715shikiminohana.jpg
スポンサーサイト

願い事

「忙しい」という言葉、あまり使いたくないのですが、
ここ数ヶ月間ほんとにめまぐるしい毎日。
お天気だって暑いか寒いか、雨か晴れかを気にするのみで、季節を感じる情緒などどこへやら…。

そんな私とは違う時間を過ごす子供たちには7月7日、今年も七夕がめぐってきました。

学校で、保育園で、短冊に何をお願いしたのか聞いてみると…
5歳の次男は「妖怪ウオッチのメダルが欲しいって書いたよ。」
長男は教えてくれません。
しかし先日保護者会があり、学校へ行ったところ〝無病息災 健康祈願〟と書かれた短冊が。
思わずコケテしまいそうになった私。

家に帰り長男にそれを話すと、「いやぁ、願い事がなかったんだよね。」と答えます。
私は「どこの神社にお願いしたのかと思ったよ。」と返しながらも、七夕は神事だっけ?とふと思ったり。

そして思い出すディズニー映画ピノキオの〝星に願いを〟。大好きだった歌。
願いを星にかけたくなるのはどの国の人も、同じなのかな。

そういえば学校では、今私たちが見る星の光は今その星が放った光ではなくずっと昔の光だと教わりました。
光が私たちの目に届く頃には、その星自体無くなっていることもあると。
そしてこの地球も、いつかはなくなるんだということ。

子どもの頃、ホントの願い事は、短冊には書けなかった私。
時を経て、願いが決して叶うことはないんだと思い知らされた真っ暗闇。
でも全てに、真実がはたらいていて下さっておりました。
丸ごと願われたいのちであったと知らされた今、私がわたしのまま、生き抜く力に恵まれております。

プロフィール

ⅿ-jyoo

Author:ⅿ-jyoo
浄土真宗本願寺派 江戸川布教所妙蓮寺 坊守・本願寺派僧侶・ふたりの男の子の母です。
奇数月発行の寺報【妙蓮寺だより】の小さなコラムを担当してます。〔坊守のひとりごと~こどもと私〕どうぞご覧ください。
国家資格である〈あん摩マッサージ指圧師〉を生業とし20年近くになりました。
2016年、江戸川保健所の許可を得て治療院を開設、HPただ今準備中です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。