FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 親子お相撲教室&カレーちゃんこの会

先日開催しましたお相撲教室です(^^)
お盆に重なってしまいましたが、ご参加下さったみなさま、ありがとうございました♪
20150815.jpg
スポンサーサイト

痛み

「大学に行くと馬鹿になる」・・・明治時代におばあさんだった方の言葉だそうです。
真意は「頭で考えるだけじゃホントのことはわからないよ。生活を大事にしなさい。」ということのようですが、
明治時代の生活・・・全てが自分の手足を動かしての生活、手足を動かすことが生きる事に直結していただろう時代でしょう。
私はこの言葉が好きで、今でも時々思い出します。


先日、長男が金属で指を切りました。
金属で傷つく経験がほとんどない彼は、ほんの1cm程度の傷に、イタイイタイと大げさなくらいです。
剣道を習う彼に、「本物の刀で切られたら、もっと痛いだろうねぇ。」と聞いてみます。

そんな彼を笑った私も数日後、熱した味噌がはねて火傷、ビロンと皮がむけました。
久々のやけど。
たいした大きさでもないこの傷は、汁を出し、ズキズキと数日痛みが取れません。
「やけどって、こんなに痛かったっけ・・・」

戦争のことは思い出したくない、忘れたい、迷惑がかかるから話さなかったという方もいれば、
戦争時の心理状況や行動は、人に話してもわかってもらえない、だから話せなかった、という方がいるそうです。

私は中学生の時1度だけ、祖父に戦争の時の話をきいたことがあります。
南方に送られた祖父の体験談は、飢えや人殺しの話は全くない、笑い話でした。

あれから数十年経ち、生きていると誰にも話せないという状況があるのだという事も経験しました。
自分で経験したからこそ「話せない」という事実の重みを、少しは感じる事が出来ます。
あの時のことを振り返り今思うのは、祖父もきっと、ホントのことは話せなかったのだろうなという事です。

言葉にできないほどの現実があったということを共感できる感性は、知識からだけでは育まれないのだなと、改めて深く感じるこの夏です。










 


今年の梅干し

あ~っという間に梅の季節です!(^^)!
6月、喜んで手伝ってくれる次男。長男には振られてしまいました(涙)。
201506ume.jpg

カビがでませんように…
201506ume (2)

8月に入ってしまった土用干し☆
例年8月に入ると晴れ間は続かないことが多いですが、今年は連日のカンカン晴れ。
2015080ume.jpg
…3日3晩で見事しわしわになった梅干しに、改めて猛暑を実感です。

プロフィール

ⅿ-jyoo

Author:ⅿ-jyoo
浄土真宗本願寺派 江戸川布教所妙蓮寺 坊守・本願寺派僧侶・ふたりの男の子の母です。
奇数月発行の寺報【妙蓮寺だより】の小さなコラムを担当してます。〔坊守のひとりごと~こどもと私〕どうぞご覧ください。
国家資格である〈あん摩マッサージ指圧師〉を生業とし20年近くになりました。
2016年、江戸川保健所の許可を得て治療院を開設、HPただ今準備中です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。