FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 聞法会のお知らせ

第5回 聞法会 
参加自由です。どなたでもお越し下さい。

【日】      11月4日(水)
【会場】    築地本願寺 聞法ホール


【スケジュール】  
10:00~     受付
10:30~     開会式
11:00~11:30  ご法話  [塚田慧明氏 : 千葉市 見敬寺]
11:50~12:20  ご法話  [西顕真氏 : 久喜市 西願寺]
12:20~     昼休憩
13:20~14:00  ご法話  [西村信也氏 : 横浜市 西方寺]
14:20~14:50  ご法話  [谷川憲丸氏 : 逗子市 龍渓寺]
15:00~     閉会式
  
※ ご講師は変更の場合があります。

【参加費】 御喜捨にてお願いいたします。

【主催】  都市開教専従員・OB会


monboukai05(300).jpg
スポンサーサイト

揚羽蝶の幼虫とルー

我が家の植木鉢に育つ植物「ルー」。
背丈もさほど大きくなく30センチ程ですが、揚羽蝶が卵を産み付けていきます。
2015アゲハ
この幼虫も、葉っぱをもりもり食べて大きくなりました。
20151021ageha.jpg
少し黒っぽくなってきたので、そろそろかな?・・・と思いながら撮った数時間後、やはり引っ越し、さなぎになる場所を探しに旅立っていきました。

ここ数か月間、「ルー」は文句もいわず、8匹のアオムシに食べられて。
生き物としてみた時、単純にルーは被害者、あおむしは加害者のように考えてしまいますが、アオムシのうんちを見た時、その感じ方は小さいのかも…ガツンときた事を覚えています。
あおむしのウンチはただの黒い塊にみえますが、ほぐしてみるとその歯形の付いた、小さな葉っぱの切れ端、それが黒くなったもののカタマリです。カラダは食べたものが身になります。ルーの葉っぱはあおむしの体となり、生きていました。ルーがアオムシであり、アオムシがルーであるような、とっても不思議な感覚を与えてくれます。脱皮を繰り返し、アオムシから空飛ぶ蝶に姿を変える揚羽と、小さな植木鉢に根を張るルー、大切な事を教えてくれているような気がします。





法話会のお知らせ

法話会開催をお知らせいたします。

10月19日(月)   

   14:00~      お勤め 『正信偈和讃』
   14:30~15:50 (途中休憩有り)  ご法話
   16:00~      茶話会 

   【会場】  春江布教所 妙蓮寺
   
  【ご講師】 東元晃慈師(広島県 淨泉寺)
   
   どなた様もどうぞお気軽にお越しください(^^)

 

三河和綿

昨年参加したワークショップで、三河和綿の種をいただきました。
201407.jpg

家では長男が幼稚園時代に育てた綿を毎年採種し育ててきましたが、これはアメリカ綿という種だとこの時はじめて知りました。
アメリカ綿は花が多く、実も大きく、世界の主流だそうです。
比べて和綿は小さい☆

昔から日本には各地にさまざまな綿の在来種があり、繊維も自給していたんですね。
その始まりは799年、三河(愛知県)の矢作川にインドの青年が漂着、この方が綿種を持っていたのだそうです。
海は繋がっていて、植物も人も文化も繋がっているんだなぁ・・・と感動しました。

今年の綿は、なかなか発芽せず心配しましたが…
201504.jpg

9月に入り沢山花を咲かせてくれました。
20150724wamen.jpg
米綿の花は白か薄ピンク、和綿は淡い黄色です。

20150920.jpg
ぷっくり膨らんだ実。

201509
これがはじけるのだから不思議です。

201509.jpg
収穫の、楽しい瞬間♪



プロフィール

ⅿ-jyoo

Author:ⅿ-jyoo
浄土真宗本願寺派 江戸川布教所妙蓮寺 坊守・本願寺派僧侶・ふたりの男の子の母です。
奇数月発行の寺報【妙蓮寺だより】の小さなコラムを担当してます。〔坊守のひとりごと~こどもと私〕どうぞご覧ください。
国家資格である〈あん摩マッサージ指圧師〉を生業とし20年近くになりました。
2016年、江戸川保健所の許可を得て治療院を開設、HPただ今準備中です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。